UA-103979591-3

2018年11月14日

2018年11月13日のつぶやき




posted by 柴田満月 at 01:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

2018年11月11日のつぶやき




posted by 柴田満月 at 01:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

其の113 アメリカ行きキャラバンの行方

latino-2569583_1920.jpg
満月です。

今回もちょっと難しい話しで行く。

皆さんもニュースでご存知であろうがキャラバンと称する人達がアメリカを目指し行進中でもう既に

メキシコまで進んでいるという話だ。


ところが肝心の俺のだいっ嫌いな大統領は不法入国者は断じて許さないとの構えで国境に軍隊を

大量にぶっこんで来た。

違法入国は犯罪なのでこれは悔しいが大統領が正しい事となる。

そもそも選挙での公約がメキシコとの国境に壁を作り、其の費用はメキシコが払う。なのだ。

こんなあほな公約で大統領になれるほうがどうかしてると思うのだが、まぁアメリカ人が

選んでしまったのでそれは仕方が無い。


ではその行進してくるキャラバンとは一体全体どういったものなのか?

ざっくりと調べた所、ホンジュラス、エルサルバドル、グアテマラ等の出身で、

なんでもホンジュラスの元国会議員の呼びかけで160人程が集まり歩き出し、

テレビでそれが放送されると後を追うものが加わったという。

何故祖国を後にするのか?それは治安の悪さや諸々が含まれているであろうが、

並々ならぬ決意であったに違いは無い。


まぁ、現在連中のいるメキシコでは、人道的立場で日数付きのビザを発行していると

言うが、

キャラバンの主催者はアメリカの強行的手段により、(もっともこっちが正論なのだが)

移民の70%はメキシコ滞在の正式な手続きが行われ、働く事ができれば、

喜んでメキシコに残ると言い出した。


では、アメリカの実情はどうかというと、人手不足で特に農業と水産業に深刻な人手不足が

発生している。その数660万人。

歴史上初めて失業者全員に職を提供するだけの求人数があるというのに。。。


勿論、アメリカ国内にもこのキャラバンの肩を持つモノもいるであろうが、

正式な入国に向けての具体的なプランが見えてこない。


ここで見方を変えてみる。国連はどうみているのか?

これが呆れるほどみょうちくりんな事を言っていて、すぐにアメリカを含む数国に反対された。

ドイツに関しては隣国であるオーストリアがこの案に反対して初めてこの案件を知ったという

お間抜けな話なのだ。移民が一番多い国なのにね。


俗説では有るのだがそもそもアメリカの白人は白人自身がマイノリティになることを恐れている

というのも、あながち外れてはイナイだろう。これはありえる。



大体アメリカって国はネイティブインディアンが坦々と暮らしている所に、

騎兵隊が押し入ってきて領地とし、建国だとほざいている歴史を持つ。

この件は後になって、俳優マーロン、ブランドがアカデミー賞にノミネートだか受賞だかは

されたが忘れたが、「どうしてインディアンが悪役になるのだ?」と賞をボイコットした事がある。

白人は只の侵略者だと言いたかったのだろう。

勝った者が正義だというのなら、ワンピースのせりふと一緒だよな。


クリスチャンが主体の自由とチャンスの国というのはうそっぱちで、

あくまでも異法入国は犯罪であると軍隊をめっこりと動員する大統領は法的には正しい。

だがアメリカも少子化を迎えているし、移民が必要なのは事実だが合法的に入国した

白人が好ましいとはっきり言って見せろと思うのだ。


自分の嫁が合法的に移民したとしても、困っている人達を助けないときっぱりと言い切る

その姿勢がどうもしっくり来ないのである。たとえ法的に正論だとしてもな。

それがアメリカンファーストなのかい?

まぁ、今後を注目するしかないのだが、この国、日本が余所の国に侵略されそうになっても、

助けに米軍が出動するかどうかは議会で決めると最近になってほざいているのを

読者の皆さんはご存知であろうか?

ここんとこ自衛隊が空母みたいなのや潜水艦を公開したのは、そういった経緯があるからなのだろう。

このキャラバンの件、誰に聞いても大統領が正しいと言っている。俺も判ってはいる。

判ってはいるんだがよぅ。。。。


                          しっくり来ない柴田満月



posted by 柴田満月 at 23:14| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日のつぶやき




posted by 柴田満月 at 01:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

其の112 中国のキャッシュレス事情

iphone6plus-538898_1920.jpg
満月です。

前回の記事の反応から多少難しい内容の記事も受け入れられる事が良く判った。

よって、今回は中国のキャッシュレス事情について書く事にする。


そもそも中国製スマホは模造品から始まり、(まぁいつものことだが)内陸部のアップルやサムスンを

買えない層を中心に、ローエンド版が広まったという。価格は1600円位だ。いつ壊れても不思議はない。

割と都市部でホワイトカラーの連中が使っているのは、レノボで2万2千円位、
(レノボでスマホを作っているとは知らなかった)

シャオミで2万8千円位だがシャオミの故障率は14%という恐ろしい物である。

だが連中に言わせると壊れたら買い換えればいいんだそうで、

そんな端末で決済などしていいものなのかねぇ。。


では、なにゆえそんなにキャッシュレスに移行するのかというと、この動機もヘンなのである。

○偽札の横行
○従業員の売り上げのちょろまかし
○お客が商品価格の端数を値切る事を求める
等が主だった理由である。

2013年が中国でのネットファイナンスの元年であり、現在では中国のスマホ決済は、

アメリカの50倍である。


だが詐欺事件もすこぶる多い。

商品情報はこちらからというトコよくあるよねぇ。QRコードをぴっとやったら、

大金が無くなったとか、シェアサイクルを開錠したらデポジットの名目で、

5000円位引き落とされたとか。。

2017年には広東省で14億越えの事件もあった。

充電している瞬間に残高が無くなったという。


犯罪は2つのパターンがあり、
○スマホをウィルス感染させる。
○自前で作ったQRコードを上から貼り付けて自分の口座にお金を落とさせる。

そして被害にあったら泣き寝入りするしか無いという。

アリペイから80万円を取られたという青年は盗人本人からではなく、

アリペイに損害賠償を申し出たが拒否された。

何度となく交渉し1ヶ月かけて戻ってきたのは3万円。


中国のスマホユーザーのほとんどが中国製のスマホを利用するが、

しょっちゅう壊れて正常な取引が出来ない事もあるという。


人民銀行は安全性が比較的低いとQRコードの事を認めているのだ。


セキュリティに不安が残るQRコードならクレジットやプリペイドを

そのまま搭載するアップルペイやアンドロイドペイの方がずっと安心じゃないの。

だが、電源切れ、フリーズ、水没したらどうするのよ?


そうすると日本のスマホが高いのはしょうがないか。。。


さて、日本では今TVでORIGAMIの広告が流れている。

こちらはまずそんなことはないだろう。加盟店がちょっと少ないけどね。


ちなみにスマホ決済率は中国で98%、日本は6%

俺自身はデビットカードを3枚持っていて、仕事とプライベートで使い分けている。

でも日本では現金もちょっとは持ってないとねぇ。。。

※参考文献 現代ビジネス              柴田満月



posted by 柴田満月 at 07:43| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

2018年11月08日のつぶやき






posted by 柴田満月 at 01:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

皆さんにお知らせ

満月です。

俺がキンドル電子書籍で出版している本のキャンペーンを行います。

詳しくはコチラを御覧下さい。



                満月
posted by 柴田満月 at 23:49| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日のつぶやき






posted by 柴田満月 at 01:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

其の111 政府の移民政策

chaos-485493_1920.jpg
満月です。

しばらくキンドルの本を作成していたので留守にしがちだった。ごめんね。。

そのお陰もあって、第3巻を発売する事が出来、これでキンドル本における「三流料理人 柴田満月の逆襲」
シリーズは、3冊となった。

ついでに過去の2冊も改訂して画像をなくして、価格を下げた。

これで読みやすく、買い易くなった。安易に買ってもらえるとは思ってはいないが、アマゾンの書籍のところで、

観るだけでも見て欲しいのだ。表紙には凝っているからね。確かにジャヶ買いも狙ってはいる。ふふふ。。


さて、最近良くニュースでやっている政府の移民政策。これはおおマジだが、未だ本音は伝えられてはいない。

来年から、移民局が格上げされて移民庁となる。これは文科省におけるスポーツ庁のようなものだと、

ざっくりと考えてもらって、構わない。今の所は。

人口の少子化に歯止めが利かず、今現在も人が足りない。この分の労働力を更に補う為に国を挙げて、

この問題に立ち向かっているのである。さっきのニュースで外国人労働者の保険の問題をどうするのかと、

論議してはいたが、首相の思惑は別の所にあるので、こんなことは適当な所で妥協すればいいのだ。

観光客の増加も考慮に入れてはいても、総人口が3割近く少なくなるのだ。

その分を補うのは「移民」である。それも大量の。今やっている法案つくりは表向きの物であって、

実際はもっと全然桁が違う数の移民を求めているのだが、最初からそんなことを言ってしまうと、

大騒ぎとなってしまって、反対意見が乱立し、法案が完成、通過しないので、かなり少なめに言っているのだ。

将来的には、映画ブレードランナーの様な世界になるか、シンガポールのようになるのか。。。

ちなみに現在の日本は、移民率世界第4位で1位はドイツだ。そう、じつは隠れた移民国家だったのだ。日本は。

カジノの話もそうだ。当然有るべき物なのだ。外国に遊びに行くという事にカジノが含まれている外人は多い。

それを国会でギャンブル依存症が出たら如何するとか、破綻者が出るとか、何言っていやがる。

パチンコで破綻者が一杯出ているが、パチンコ業界を管理している所が官僚の天下り会社なので騒がない癖に。


人手不足を補うのならAIでいいんじゃないのかとの意見はあるかもしれないのだが、それは企業内での話で、

AIは納税しない。此処がこの移民問題の根底にあるものなのだ。

減った4000万人分の税金を補うにはその分の人が必要であり、首相の外交遠征先を見れば、意図が判る。

国家予算の減少を補う為にこの先、この方法で補う事にしたのが本当の目的である。

だから今は世間から反対されないようにじっくりと周りを固めている所なのだよ。

ちょっと難しかったかね?

                             柴田満月

PS この財布は失くさない。優れものです。

posted by 柴田満月 at 19:21| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

2018年11月04日のつぶやき




posted by 柴田満月 at 01:01| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする